toggle
2012-09-07

あっちの谷 こっちの谷

20120907-120906.jpg

クマタカ探しの日々です。前にもお話ししましたが、この鳥の暮らしている場所は、標高のそれほど高くない急峻な谷が中心です。というよりそうらしいです。また、何回も通えるところでないと撮影できませんので、できるだけ近くの山を散策するようにしています。その点、山国長野県は恵まれています。さらに、いくら生息が確認できても撮影できないと意味がありません。山に入ると見通しのきく場所は限られています。条件を満たしそうな場所を見つけたら、ひたすら観察です。一カ所につき、10日から数ヶ月間観察です。重い機材を持つと歩ける範囲が制限されますので、双眼鏡だけを持って行動することがほとんどです。こんなことを毎日ではないですが、今シーズンで2年になります。時間と体力とお金はかかりますが、苦労とか大変とかみじんも感じていません。クマタカ探しは、すごく楽しいです。ヒットする日を信じています!!


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。