toggle
2013-04-24

長玉レンズ拭き

清掃道具

清掃道具

超望遠の前玉のレンズ拭きは難しいです。やり方は最初にエアーで飛ばす。クリーニングペーパーを適当に織って、それに無水アルコールを少量つけて、ペーパーの弾力だけで拭き上げる。といった感じだと思います。ただ、これだけだとアルコールの蒸発の遅い部分のムラが必ずできてしまいます。無水アルコールもしばらく使っていると水分が混ざり込むようです。それもムラができる原因かも知れません。そこで私は最後にエーテルとアルコールを混ぜた物でもう一度拭き上げます。つける量はセンサークリーニングと同じで、拭いたところがすぐに蒸発していく程度です。エタノール単体より蒸発が早いので、少し早めに動かすと良いかもしれません。エーテルは薬局で注文すれば簡単に入手することができます。揮発性がかなり強烈なので換気は十分にしないといけません。また引火性が高いので要注意です。サービスセンターの方もエーテルを使っているという話を聞いたことがあるので、レンズコーティングに問題はないと思いますが、自己責任でお願いします。

清掃後

清掃後

サービスセンターに負けないくらい奇麗になります。
過去に600mmを市販のレンズクリーナーで掃除していて、何回やっても拭きムラ取れなくてゴシゴシやって傷を付けたことがあります。修理代が3万円でした。高い授業料です。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。